目指せプロ!Instagramの12基礎

現代において

SNSの活用は
プロ・アマチュア問わず、

仕事を進める上で
最も強力な武器になることは間違いないでしょう。

 

中でもInstagramは、
視覚的なソーシャルメディアアプリとして

あなたの“世界観”表現し、
仲間や潜在的なクライアントを見つけ、

スキルに役立つフィードバックを
やり取りするのに最高の場です。

 

そこで今回は、

「目指せプロ!Instagramの12基礎」として

SNS活用のプロに倣い、

Instagramを“あなたの魅力を最大限アピールするツール”とする術を

ご紹介いたします。

STEP 1
自分の「世界観のテーマ」を決めよう

まず、あなた自身を
ひとつのブランドと捉え、

 

“世界観を表現するスペース”として
Instagramをみてください。

 

表現の統一ルールとしては、

 

「被写体の種類を特定する」
→建築、旅行、食べ物、ファッション、スポーツなど

 

または、

 

「写真のスタイルを特定する」
→白黒、フィルム調、ミニマリストなど

 

が挙げられます。

 

あなたの投稿をみる人(フォロワー)は
“統一したスタイル”や“統一の主題”のあるフィードを
期待しています。

そして、
それこそが安定したフォロワー獲得に繋がります。

 

ちなみに、

 

ユーザーは
最新の9つの投稿をみて
フォローするか決めるといわれています。

 

そのため
プロフィールの表記と

あなたの作風を印象付ける9枚が

常に効果的に表示されているか確認しておく事が
大事な第一歩といえるでしょう。

STEP 2
選りすぐり写真のみ投稿しよう

Instagramのフィードを
自身の作品集のベスト盤のように扱い、
最高の写真のみ投稿しましょう!

 

「どの投稿をみても、
フォロワーの心を揺さぶれるか」
追求しつつ、

きちんと世界観にマッチしているかも
忘れず確認してください。

 

1回の撮影でも、

ベストな写真が複数あり、

 

1枚を決めかねる場合は、
「複数写真投稿オプション」を使って投稿できます。

フォロワーが興味を持てば、

スライドして他の写真も閲覧できるオプションです。

STEP 3
たまにはプライベートを載せてみよう

例えば、
「ストーリー機能」を使って
フォロワーにあなた自身の雰囲気が伝わる投稿をしてみましょう。

プライベートなイベントや、気になったことを
覗かせる程度で構いません。

 

「80/20のルール」という法則はご存知ですか?

投稿する写真の80パーセントは
主題に集中するべきですが、

残り20パーセントは
個人的なものや舞台裏の投稿でOKです。

 

ストーリー機能は、

フォロワーとの交流や関係性を深めるために
とても効果的です。

STEP 4
スマートフォンからカメラへ持ち替えよう

本格的なカメラで撮影した写真は、

 

ひと目見るだけでも
スマホ撮影の画像と比べ

異なるクオリティを生み出し、
さらに細かいコントロールができます。

 

特にミラーレスや

デジタル一眼カメラを用いての撮影は、

レンズや焦点、被写界深度、シャッタースピードを
設定した場合、面白いようにクオリティに差が出ます。

 

 

カメラの特性については
こちらの記事でもご紹介しております↓

【第二回】写真で稼ごう!写真を仕事にしよう!‐予算別カメラの選び方編‐

 

Instagramのフィルターはあえて使わず、
編集ソフトを使い、より理想の世界観を表現しましょう!

STEP 5
戦略を立てて投稿しよう

例えば、

朝は、人々が最もInstagramを開く時間帯です。

 

どこに住んでいるか、
またはどのタイムゾーンをターゲットにしたいかに応じて、
午前中の投稿でアクセスする可能性を高めます。

 

また、

「日曜日が一番、
インタラクションの高い曜日である」ことも
研究結果として報告されています。

 

そして、

数より質の高い投稿を
たくさん上げる必要はありませんが、

“定期的に”公開してください。

 

関連性が高く、

 

高品質な投稿は
リアクションが良く、

フォロワーのフィードでもより存在感のあるものとなるでしょう。

STEP 6
面白い説明文をつけよう

つい読みたくなるような説明文があれば

人々はより、

あなたの投稿に時間を費やします。

 

目を留めてもらえるように
画像の下に表示されるテキスト(説明文)で
イメージを広げたり、詳細を伝えましょう。

 

魅力的な説明文があれば、

フォロワーは
「もっと見る」ボタンを押すなど
何かしらの“アクション”をしてくれる事でしょう。

 

 

ちなみに

質問募集をすると、
人々がコメント欄に書き込むことを誘導することもできます。

これも立派な「アクションを促す説明文」となりますよね!

STEP 7
ハッシュタグ“#”が超重要!

ハッシュタグとは、

「#」のあとに文字を書きこもむことにより
同じハッシュタグで関連付けられるため、
アクセスを集め、関連するフォロワーを呼び込む
手段の一つです。

 

人気のハッシュタグを付けてみましょう。

 

Instagramでは、
ハッシュタグ自体をフォローできるようになったため、
ハッシュタグ選びはさらに重要になりました。

 

量よりも質の高いアプローチを心がけ、

あなたがリーチしたい層と
あなたの投稿が

「関連性を持ち、特徴的であるか」を
よく確認してください。

STEP 8
コミュニティを作ろう

あなたの名前とポートフォリオを
見込み顧客の目に触れさせ、
ビジネスのネットワークを広げるとても良い方法です。

 

目的に合ったコミュニティを構築するためには、

量よりも
コミュニケーションの密度が大切です。

 

尊敬するアカウントを探してみてください。

そのアカウントをフォローするだけではなく
好きな理由などをコメントで伝えてみましょう。

本人から返信が無くても、

あなたのコメントに共感や興味を持った人が、
アカウントを覗きに来てくれるかもしれません。

 

自分のアカウントの
世界観に関連したコミュニティを作ることもおすすめです。

 

例えば、

建築写真家であれば、建築関係

ファッションフォトグラファーであれば、ファッションブランド

をフォローします。

STEP 9
頂いたコメントに返信しよう

Instagramのアルゴリズムは、

「いいねやコメントが多い投稿」を
“質の高い、魅力的なコンテンツ”として識別します。

 

さらに、

投稿後すぐにリアクションを受けた場合、
より広範囲のフォロワーに紹介されやすくなります。

 

コメントをくれた人々と
積極的に交流していきましょう。

 

返信し、質問に答え、コメントをくれたお礼を伝えてください。

 

お返しに、
相手の投稿に勝算や共感コメントを書き込むことも
チャンス拡大に有効です。

STEP 10
「タグ付け機能」を活用しよう

写真の主題の人や、企業、お店をタグ付けしていますか?

 

 

タグを付けることによって、
相手のページにも関連付けられます。

 

タグ付きのライブラリに表示されるので、

公開して、コミュニティを構築する方法にもなります。

STEP 11
「ハブ」アカウントを探そう

「ハブアカウント」とは

他社の投稿を引用し、
共有しているアカウントの総称です

 

まとめアカウント、またはオンラインギャラリー
といえばわかりやすいでしょうか。

 

このようなアカウントは、
特定のジャンル、配色や主題まで、
関連する画像を紹介しています。

自分が当てはまるハブアカウントを見つけ

フォローし、いいねやコメントをし、
そのハブのハッシュタグを使用してアピールしましょう。

ハブアカウントは、
膨大なフォロワーを抱えている場合が多いです。

 

 

ハブに取り上げられれば

あなたのアカウントの露出を高め、
関連するフォロワーを引き付けるのに非常に役立ちます。

STEP 12
プロフィールの役割を最大にしよう

ビジネスを意識した
Instagramプロフィールを作成し
自分のブランドとして宣伝できるようにしましょう。

 

アカウント名は、

・わかりやすい

・簡潔

であることも大切です。

 

 

出来れば、

全てのSNSで共通のアカウント名を使用してください。

 

専門分野や住所、連絡先の詳細や
サイトへのリンクも漏れなく追加し、

Instagram経由でも
あなたへの連絡を取りやすくしましょう。

いかがでしたか?

 

記事中、
何度か繰り返したように
「量よりも質が大切」と
いうことがわかりました。

 

ベストな投稿を作成し、

 

戦略を立て

 

コミュニティで人々と交流し

 

自分の名前や投稿が
どんどん広がっていくのを楽しみながら行うことで、

 

きっと良い結果がついてくることでしょう。

 

 

Zporta. は
あなたの「理想の働き方を現実にする」為、全力でお手伝いします。

 

次回は、
「デベロッパー×フリーランサー!おすすめサイト9選」
ご紹介いたします。

 

楽しみにしていてくださいね!