フリーランス必見!友人と上手に仕事をするための3つのルール

もし、あなたが
フリーランスや経営者の場合、

 

一緒に働くスタッフが
信頼のおける友達や知り合いだった場合の
「安心感」は計り知れないでしょう。

 

相手の性格や背景なども
把握している場合、
その方に合わせて
効率よく仕事を分担することもできます。

 

しかし、
“同僚”と“友人”の境界線は
いつ消えるのでしょうか?

 

そもそも、
“境界線”は引くべきか否か…。

 

良い仕事をする上で、
チームとして信頼でき、

上手に相手の意図をくみ取ったり、
腹を割って話せる事は
何事にも代えがたいメリットであることは確かですが、

 

実際に
友人とビジネスに取り組んだ際に
様々な問題点に直面することでしょう。

 

 

今回は
「フリーランス必見!
友人と上手に仕事をするための3つのルール」と題し、

 

友人とビジネスを共にする上での
メリット・デメリット、

 

そして

 

うまく機能させるためのコツをご紹介します。

仕事仲間の選択

企業としては

 

社員全員が
簡単に打ち解け、
調和して
共に協力して働くこと

 

理想であり、

目標でもあるといえます。

 

しかし、
現実社会では
理想の実現はなかなか難しいようですね。

 

職場の人間関係は
‟ビジネスに対するプロ意識を”中心に
形成されます。

 

これは通常の社会的な人間関係とは
全く異なるルールで
機能しているように見えます。

 

 

「職場」と「プライベート」の境界線に
踏み込むことは、
‟プライバシーの侵害”や“ハラスメント”を
引き起こしかねません。

では、
金曜の夜に遊ぶ仲間とビジネスを共にした場合は
どうでしょうか。

 

 

彼らは
従来の“同僚”に比べ
会話が上手で、ジョークはもっと楽しいかもしれません。
飲んでるときは最高ですが
一緒に働くには“最悪”な可能性もあります。

 

 

友人をビジネスに誘う前に
是非時間をかけて「その人」について
学ぶ必要があります。

 

また、反対に
同僚を友人達に引き合わせる場合も
同じく難しい場面に陥りかねません。

 

「職場のルール」で接している際は
同僚は“仕事だから”という理由により、
すべてをさらけ出して
コミュニケーションする必要はありません。

 

同僚を誘って友人と飲みに行き、
同僚が、酔ってゲームで汚い言葉を発したり
または、施設にとって迷惑な行動をする場面を
目の当たりにするかもしれません。

 

そういった状況に陥る前に

 

人々の“裏面”を知るために少し時間をけることで
「厄介な状況を職場に持ち込まない」ことに
大いに役立ちます!

 

じっくり観察して、よく考えて下さい。

コミュニケーションの境界線

あなたのビジネスが健全であると感じ
一緒に働きたい、素晴らしい友人を持っているなら、

 

関係性を進める上で
いくつかの簡単な“境界線”を
確立することをお勧めします。

 

これは、

 

「ビジネス」と「私生活」を
別々として“保つ”ための

 

心構えのようなものだと考えてください。

 

また、

 

友情を育んでいる真っただ中で
仕事の話をさせないようにする抑止力にもなります。

 

「ビジネス」と「友情」
どちらかを選ぶ必要はないのです。

 

ただ、共倒れしないよう“分けて考える”事が重要です。

 

それをしっかり伝えてください。

例えば、

“友人であるAさんが、
備品のコーヒーを持ち帰り、自宅で使用していた”場合、

 

備品を盗んだことになりますから、専門的な方法で処理されるべきでしょう。

 

Aさんは
仕事をする上で、モラルを犯していたため
たとえ取るに足らない問題であっても、
ダメなことはダメですよね!

 

友情とプロ意識の
境界線はぼやけているので、
線引きに悩むこともあるかもしれませんが

 

友情が強固であれば、
コーヒーのストックと共に
あなたの元に生き残る事ができるはずです。

プロ意識の具現化

友人と
存分に仕事をこなしてください。

 

そして、

 

仕事以外でも
友人と交流を持つことは
当然ながら全く問題ありません。

 

しかし、

 

仕事では
常に“プロ意識”をもって行動することが重要です。

 

これは、
あなたと友人の間だけに留まらず

 

「ビジネスに関わる
関係者全員の利益のため」に

 

あなたが「常に心掛けなければならないこと」の一つです。

友人との
「仕事仲間」として

そして「遊び仲間」としての

‟関係性のバランス”を

 

自分の中で選択する必要があります。

 

仕事仲間としてのやりとりに
神経を注ぐことは、決して悪いことではありませんが

 

同じ一人の人間でも、

 

「仕事仲間としての友人」と「遊び仲間のとしての友人」、
それぞれの生活を尊重する必要があります。

 

両方の立場で

友人と賢く関係性を維持する事は

ビジネスの上でも重要ですし、

 

関係性に適切な「緊張感」と「境界線」を持つことで
より長い期間を共に働くことができることでしょう!

いかがでしたか?

 

気の知れた仲間と行うビジネスは
メリットや楽しみが多い分

 

“緊張感の欠如”や
“モラルの低下”
“なか弛み”など

 

注意しなければならないポイントも
意外とたくさんあるようです。

 

 

反対に、

 

もしプライベートで
長澤まさみ派か石川さとみ派で敵対した場合でも
ビジネスが問題なく進められるような
境界線作りが非常に大切なようですね。

 

このポイントさえクリアできれば、
気の合う仲間がいる職場での仕事は
きっと最高に楽しいことでしょう!

 

この他にも、
実際に友人とビジネスをして陥った落とし穴やアドバイスなど、
是非気軽にコメントやメールでシェアしてください。
お待ちしております!

 

 

Zporta. は
あなたの「理想の働き方を現実にする」為、全力でお手伝いします。

 

 

次回は
「5人の女性から学ぶ!人生とビジネスのヒント」
ご紹介いたします。

 

楽しみにしていてくださいね!