部下を持ったら読んでほしい!よくある退職理由と解決法

近年の調査によると

フルタイムの従業員の約70%以上が

 

積極的に転職活動を行っているか、
新しい機会を待ち望んでいるそうです。

 

これは
雇用主側から見ると
大変な数字ですよね…。

 

実に、全体の労働力の
4分の3が

 

今の職場に不満を抱えているか、
満足していないと
いうことになります。

 

優秀な人材が退職する主だった理由と、

 

彼らを維持するために
雇用主は何ができるか、
一度立ち止まって考えることが必要です。

 

そのタイミングは、

正しく今かもしれません。

 

今回は
「部下を持ったら読んでほしい!よくある退職理由と解決法」と題し、

 

代表的な退職理由から

 

 

優秀な従業員が

「離職したくない環境」を作るにはどうしたらよいか

 

一緒に考えていきましょう。

No.1
バーンアウト(燃え尽き症候群)

以前の記事でもご紹介しましたが、

 

‟バーンアウト”は、
モチベーション、パフォーマンス、
思考力の低下の主な原因の1つです。

 

 

以前の記事はこちら↓

ビジネス×メンタルヘルス!どちらも犠牲にしないバランスのとり方

 

 

日本人の多くが
定時で終えれなかった仕事に追いつくために

 

「残業」や「持ち帰り業務」を
余儀なくされており、

 

その中には1日11時間以上働いている方も
多くいます。

 

ご存知の通り、

 

「仕事」や「職場」の影響による
鬱などの精神病や体調不良の罹診数は
年々増加傾向にあります。

対策

適切な道具と手順が組み合わせられると、
高い生産性を管理・維持できます。

 

物事をスムーズに進めるために
最新のツールを使用できていますか?

 

簡単な会議または簡単な説明をするために、
毎回プロジェクトに関するメールが
飛び交っているのではないでしょうか。

 

プロセスを合理化し
且つ、コミュニケーションを改善すること。

 

そして

従業員の時間を賢く使用し、
従業員同士が尊敬されるように導きます。

 

また、管理者がタスクの整理と委任を
サポートし、すぐに対応できるようにしてください。

 

もちろん

すべてに優先することはできませんが、

それを心に留めておくことは、
従業員の間のモチベーションに大きく関わります。

No.2
つまらない(退屈)

仕事をはじめてから
一定期間後、

従業員が期待したものと
実際の業務がまったく違うことを悟った時、
「退屈」と感じるでしょう。

 

原因として、

雇用主が役割についてクリアな説明が出来なかった場合、

 

もしくは

 

従業員自身が十分な質問をしなかった場合

 

が考えられます。

 

 

どちらにしても、
せっかく育ち始めた従業員が
1人前として貢献する前に辞めるのですから
結果は最悪です。

 

従業員が長期間「新しいことを学んでいない」場合や、

 

タスクとプロジェクトの反復が多すぎる場合、
やる気が減り、パフォーマンスが低下し、

不満が高まってしまうことは避けられません。

 

 

そして、

 

上司が従業員の働きや役割を認識していない場合、
彼らは同様に不満を感じるでしょう。

解決策

特に

 

新入社員や、

単調なプロジェクトに取り組んでいる従業員からの
「フィードバック」を定期的に求め、自分も与えてください。

これにより、

彼らの目標と貢献についての

コミュニケーションの機会が得られます。

 

自分が携わっている仕事が、

組織の成功にどのように影響するかが示すことが重要です。

 

明確なコミュニケーションと透明性は、
従業員との強力な関係を確立するための鍵になるでしょう!

 

「組織での優先事項」や
「役割のもつ意味」を知っている従業員達は、

 

仕事を充実させるために
全体と協力して効率的・意欲的に
仕事に取り組む可能性がはるかに高くなります。

No.3
上司との不調和

近年の世論調査によると、

2人に 1人の労働者が
‟上司から逃れるため”に

仕事を辞めています。

 

 

従業員が上司との意思疎通が取れていないと感じるとき、

仕事の満足度が

直接どのように影響を受けるかを想像することは難しくありません。

 

上司と従業員の関係は
デリケートな性質を持つため、

その影響はチーム全体に波及し、
緊張を招き、士気を低下させ、

 

他の従業員にとっても

非常に働きづらい職場環境を作り出す可能性があります。

解決策

優れたマネージャーは

決して‟レア”ではありませんが、

実際に育成するためには
「サポート」と「トレーニング」を必要とします。

 

最も重要なのは、

 

マネージャーへの
「フィードバックが必要」ということです。

 

従業員がマネージャーと‟どのように対話するか”注目してみてください。

 

特定のマネージャーから
他のマネージャーよりも高い割合で

「従業員が離れていること」に気付いた場合は、

 

直接そのマネージャーへ対処を行ってください。

 

 

従業員が疎外されていると感じる理由を学び、

彼らと協力して
コミュニケーションスキルを構築・成長させることで、

 

経営を成功に導きます。

いかがでしたか?

 

 

優秀な従業員は
まさしく「人財」です。

 

もし、いままで身の回りで
最高の人材を失っている場合、
それは深刻な問題です。

 

いくつかの反省をするべき、タイミングでもあります。

 

従業員が「会社に留まること」を評価し、
奨励していることを示すには、

 

オープンにコミュニケーションを実践し、
役職の役割と発展の透明性に向けて取り組み、
従業員がマネージャーとどのように関わっているかを

 

雇用主自身が注意深く観察することが要になっています。

 

この行為自体で、

 

ゆくゆくの
従業員の定着率に
真摯に影響していくことでしょう!

 

この他にも
よくある退職理由や、独自の解決策など
コメントやメールでお気軽に共有していただけると嬉しいです。

 

Zporta. は
あなたの「理想の働き方を現実にする」為、全力でお手伝いします。

 

 

次回は
「Webデベロッパー必見!プロからの9つの教訓」
ご紹介いたします。

 

楽しみにしていてくださいね!