一生残る?!選択してはいけないキャリアの決断3選

誰でも、
職場で1度は“ミス”をしたことがありますよね?

 

もちろん!人間である限り
「絶対に間違えない」事はできないでしょう。

 

日々の中での小さなミスは避けられませんが、
「解雇」という文字は
悪夢のように経歴にこびりついてしまいます…。

 

例えば

 

スティーブ・ジョブスは
30歳の時にAppleから「解雇」宣告され
当時は“事業に失敗した”とみられていました。

 

しかし、今では誰もが知っているように
彼は見事に立ち直り、1996年に同社に復帰し
「iPhone」と「iPad」で世界に革新をもたらしました。

 

今回は、
専門家の知識を元に

 

どのキャリアミスが最も有害であるか
そしてどのように回復すべきかを

 

「一生残る?!選択してはいけないキャリアの決断3選」と題し
ご紹介していきます。

解雇される(またそれについて偽る)

仕事を失うことは

‟パフォーマンスの低さ”や‟行動の悪歴”を示す可能性があり、

言葉を選ばずにいうと
“壊滅的”であるといえます。

 

なぜなら、

 

これらは、名前が「解雇」という単語に関連付けられたときに
すぐに相手の頭に浮かぶもので、

これが新しい雇用主の印象に害を及ぼす事は明らかです。

 

しかし、
「どうしようもない」と諦めるのはまだ早いです。

 

まず、あなたが「合意の上で」解雇されたことが
説明できるようにしてください。

 

このことで、印象はぐっと改善されます。

どんな状況であったとしても、

正直に努め、
以前の雇用主とストーリーが一致していることが重要です。

 

意外と狭い業界の中で
新しい雇用先の採用担当者が
誰と繋がっているかわかりません。

 

解雇された事実は変わらないにせよ、

あなたが全体を通して経験して得たものは、
決して失われません。

 

可能であれば、「リファレンス(経歴照会)」を
取得してください。

 

日本では多くの企業が
トラブルを避けるために
「個人へ口頭で確認」に留めている場合が多くありますが

 

可能であれば、リファレンスを提出することで
信用性が大きく上がります。

 

直属の上司から
リファレンスを取得することが難しい場合、

別部門の同僚やマネージャーへも依頼することができます。

 

繰り返しますが、

リファレンスの提出は重要です。

過去の雇用主の悪い面に乗じて行動する

前項にも関係することですが

私たちはしばしば

一時の感情の乱れによって

言わなくて良い事を言い、
後悔する行動をしてしまいます。

 

例えば

雇用主側への不満が爆発したにせよ

通知なしにその場で辞めることは、
雇用主との関係を損なう最も一般的な方法の1つです。

 

そうなってしまうと
前職の職場から
「リファレンス」の提供を受けるのも
困難になってしまいます。

 

もし、

あなたが過去の行動を

少しでも後悔しているならば
それを償う方法はあるはずです。

まず「自分の間違いを認めること」です。

 

正直且つ率直に行動する事をお勧めします。

 

自分を顧みて謙虚になり
状況を正すために今出来ることがあるか
検討する価値はあります。

 

SNSでのメッセージやDMの送信は

関係性の修正を行うための最初のステップです。

 

出来れば、直接お詫びを伝えることがおすすめです。

 

過去の失態を悔い改めるために
ランチやカフェの誘いに乗ってもらえるか
尋ねてみてください。

 

さぁ、今すぐスマホを手に取って!笑

上司や直属の部下と浮気する

あなたがもし
職場で恋のキューピットの矢に打たれていないなら

 

きっといくつかの“ロマンス”が
オフィス内で
育まれているのを見たことがあるでしょう。

 

言うまでもなく、
すべての従業員のロマンスが
キャリアの災害に繋がる訳ではありませんが、

 

「管理者と直属の部下」の間のロマンスは

公正な判断の欠落や
周囲からの非難に繋がりがちです。

 

双方、キャリアを損なう可能性すら含んでいます。

 

特に、この種の行動を禁止する
企業方針のある職場ではなおさらです。

しかし、

人間は常に心臓が求めているものを
望んでおり、

「恋に落ちるな」といっても難しい場合があります。

 

 

その際は、

それが問題になる前にどうか状況を先取りして
対処することが最大の防衛線になります。

 

最初に人事部門と話し、提案を求めましょう。
別の部門への異動も視野に入れてください。

 

あなたのキャリアと評判を傷つけたくないので
ロマンスには十分に注意する必要があります。

いかがでしたか?

誰しも小さなミスは繰り返してしまうものですが、
キャリアに残るミスをしてしまった場合、

 

当時は無理でも

 

「取り返そうと試みる」
「改善しようと努力する」

 

姿勢を心掛けることで、
その後の展開は変えられる可能性があります。

 

過去を振りかえることで
未来に同じ轍を踏む前に気づけるかもしれません。

 

「予習」と「復習(振り返り)」は
いつの時代も
あなたの助けになります。

 

Zporta. は
あなたの「理想の働き方を現実にする」為、全力でお手伝いします。

 

 

次回は

「会社のため?人生のため?
自分を進化させる働き方のススメ」
ご紹介します。

 

楽しみにしていてくださいね!