Webデベロッパー必見!プロからの9つの教訓

IT業界の場合、

企業や
企業のWebサイトにとって
「Webデベロッパー」の存在が
かなり重要であることは間違いありません。

 

特に、
サイトの構築プロセスについて
知識は専門的であるため、プロのWebデベロッパーになるのは簡単ではありません。
「Webサイトの開発ができる」といったキャリアに興味はあるが、
実際の日々の作業がどんなものか、よくわかっていない方も多いでしょう。

 

この記事では

 

Webデベロッパーへの転職に興味がある方、
または
初心者Webデベロッパーにむけて、

 

現場で経験のある“プロWebデベロッパー”達の
リアルな実態やアドバイスのメッセージを

 

「Webデベロッパー必見!プロからの9つの教訓」と題し
ご紹介いたします。

1.常に知識のアップデートが必要

「私のキャリアが始まって以来、
‟コーディング”は大きく進化してきました。

 

駆け出しのころは、ほとんどのWebサイトは
今と比べ、操作できる範囲や機能がはるかに小さいものでした。

 

レスポンシブWebデザインは
標準ワークフローではありませんでしたし、
フロントエンドとバックエンドの開発も、かなり基本的なもので構成されており、

 

フロントエンドはHTMLテーブルで構成され、
バックエンドは静的であるか、カスタムASP / PHPバックエンドを実行していました。

 

現在では、
ほぼ必須である「モバイルへの最適化」などは
当時全く考えていませんでした。

 

ところが現在では、
すべてのフロントエンドプラットフォームを応答性の高い方法で構築し、

 

且つすべてのデバイスに完璧に適応させる必要があります。
また、Webサイトのすべての側面がバックエンドを介して編集可能であることを確認します。

 

これには、
プロジェクトごとに多くの‟カスタムコーディング”が必要です。

 

必要な知識は
常に増え、移り変わっています。

2. 改善し続ける姿勢が重要

「Webデベロッパーとしての時間の中で、
シングルサインオンアプリケーション、
ユーザーの支払い権限、およびWebサイトのすべての側面を
ボタンの色まで変更する方法を学びました。

また、最新のコードで構築する
Webポータルの基本テンプレートを作成する方法も学びました。

これにより、各ブランドのページを
ブランド標準にカスタマイズすることができます。

そのために、JavaScriptとAngularのスキルと知識を
日々向上させ続けています。

これにより、クライアント向けに、

より複雑なカスタムアプリケーションを作成できるように維持しています

3. 馬鹿げた質問をする

「Webデベロッパーとしての15年間で、
私が学んだ最も重要なことは、

「ばかげた」質問をしても大丈夫だということです。

 

ハイテク業界での学習は決して止まることはなく、常に疑問が生じます。

答えが明白であるかどうかに関係なく、
質問をすること自体を快適に感じることが重要です。

 

例えば、

意外に思われるかもしれませんが、

コアWebテクノロジーに加えて、
Excelに精通していると多くの利点があり、

作業がはるかに簡単になることがわかりました。」

why-zporta

4.デザインスキルの力を過小評価しない

「私はWebデベロッパーとして、
デザイン面のデベロッパーの役割を改善したいと思っています。

デザイナーからデザイン受け取り、
デベロッパーが最初から最後まで完璧に再現し調節された
「完璧なサイト」にはあまり出会いません。

 

私がそれを習得できたとき、
私の目標である「フルスタックの開発者になる」のに役立つことでしょう。

 

現在、
私はサーバー側のバックエンド開発とJavascriptを使用した
フロントエンド開発に焦点を当てています。

今でもほぼ毎日スタイリングを行っていますが、

デベロッパーがデザインコンプから新しいサイトを構築するレベルには達しておりません。」

5.顧客と緊密にコミュニケーションをとる

「Web開発に長年携わってくると、
あらゆるWebプロジェクトの成功は、

Web開発チームとWebデベロッパーの緊密で

一貫したコミュニケーション、
または顧客との直接の協力が

 

重要であるという結論に達しました。

 

 

理由として、

要件、特に機能とUIの徹底的な明確化、
およびサードパーティのAPIと他のシステムとの依存関係を
注意深く検討することによって、大きな成果を上げることができました。」

6.「コードを書く」だけではない

Web開発やソフトウェア開発は、
「単にコードを書くだけ」ではないことを学びました。

誤解しないでください。

私はコード以外にも
Java、Python、HTMLとCSS、JavaScript などを習得しなければなりませんでした。

 

しかし、

Webデベロッパーとして成功するには、
「優れた問題解決者」で、「勤勉であること」がより重要です。

 

問題を解決できたら、それをコードに変換するのは簡単です。

 

さらに、優れたWebデベロッパーになるには、

コミュニケーション、コラボレーション、創造性が必要です。

7.アーキテクチャに細心の注意を払う

アーキテクチャは常にWeb開発の最も難しい部分です。

新しいコードが既存のシステムの要素と

どのように相互作用するかを決定づける部分です。

 

新しいバグやセキュリティの欠陥が発生しないように

現在のシステムと調節し、
将来的に、簡単に拡張または変更できるようにコードを書く事が必要です。

アーキテクチャでのミスは許されません。

いったん実装を開始すると、変更するのは困難です。

8.アクセシビリティを考慮する

世界中のユーザーが
必要に応じてアプリケーションを使用できるように
「アプリケーションを構造化する方法」を知る必要があるでしょう。

Webアプリケーションと

Webデベロッパーの重要な仕事として

「グローバリゼーションすること」が挙げられます。

 

障害を持つユーザー向けのアクセシビリティと
Webアプリケーションの有効化が必要であり、

Webデベロッパーは「アクセシブルアプリケーションの実装」を意識する必要があります。

いかがでしたか?

 

 

Webデベロッパーを職業とした場合、
きっとあなたが思っていた以上に、
やらなければならないことがたくさんあります。

 

Webデベロッパーとしてのキャリアに入る前に、
これらのヒントと、
すでに現場で働いている先輩たちからのアドバイスに耳を傾けてみてください。

 

そのうえで自分が「挑戦したい」と思うようであれば、
スキルの向上、

特にWebサイトのコーディングのためだけに

時間を無駄にしないようにしてくださいね!

 

そのほかにも、
アドバイスや質問があれば
お気軽にコメント・メールをいただけますと幸いです。

 

 

Zporta. は
あなたの「理想の働き方を現実にする」為、全力でお手伝いします。

 

次回も楽しみにしていてくださいね!